Telefon & Internet
電話とネット

netgear w640ドイツの電話回線

電話回線に欠かせないルーターの比較と選び方

電話回線を電話だけではなく,インターネットやテレビなど,複数の媒体で同時に使用するためには,中心的な役割を果たすルーターの機能・品質が最も重要です。
ドイツでも数年前まではモデムとルーターの2機が必要でしたが,最近は内蔵モデム付きルーターが標準になっています。
ドイツで広く利用されている機器を大きく分けると,ルーターといえばフリッツボックスといわれるほど長年に渡り広く知られたFritzbox,そしてドイツ・テレコムと契約すると無償または少額の月額でレンタル提供されるSpeedportです。

もちろんテレコムと契約したからと云って必ずしもSpeedportを使用する必要はありませんが,低価格モデルでも150ユーロはするFritzboxと比較すると,料金的にはSpeedportの方が安くあがります。

speedport w722vSpeedportのメリットは何といっても使いやすさ。特に,「ルーターって何?どうやってつなぐの?何のために使うの?」という人に対しても分かりやすいユーザーフレンドリーでしょう。最近のモデルは説明書をしっかり読まなくても,図と同じように(しかし順序を間違えずに)コードをつないでいくだけで,ほぼプラグアンドプレイ的に電話・無線LAN・テレビがすぐに機能するようになっています。
そしてモダンなデザインなので,居間の置物としても十分に冴える美しさを備えています。機械に詳しくない一般の人たちを大きな対象としているテレコムらしい感じがします。

fritzbox w640Fritzboxは,細かい要望に応じた詳細設定が可能で,送受信速度がSpeedportよりも明らかに速く安定したモデルも用意されています。
また,今年の春に特定のモデルながらSpeedportの脆弱性でドイツ・テレコムの数百万の回線がハックされたように,安全性においてSpeedportに勝っています。
高速送受信,複数の同時接続の安定性,セキュリティー,という面から考えると,一般家庭ならばゲームやビデオを多く利用する人たち,そして小規模事務所などに適しているのがFritzboxの高価格モデル(250ユーロ以上)といえるようです。
ゲームなどに適しているルーターとしては,Asus RT-AC88Uなども高く評価されています。ただ,ゲームプレイに最適な高速ルーターの多くは電力消費が一般ルーターの数倍以上なので,電気代の点で要注意です。

多くのプロバイダーは新規契約顧客に無償または低価格でルーター(モデム内蔵,モデム機能なし)を提供しています。


屋内の離れた場所でも快適なインターネット

wireless repeaterWLAN-Repeater, WLAN-Adapter, Netzwerk-Adapter などと呼ばれる,コンセントに差し込むだけでインターネット接続が得られるネット仲介機器はとても便利でお奨めです。
家庭でも事務所でもルーターから離れた,無線LANが届きにくいような場所でもPCやスマートフォンに最も近い箇所にあるコンセントに差し込むだけです。多くのモデルは無線・有線(LANケーブル)に対応し,20ユーロぐらいから市販されています。